Sample Image

お風呂に入る時間帯について

「お風呂に入る時間帯について」

お風呂の入浴時間帯も大切ですが、その他にも入浴に関してポイントがいくつかあります。
また、入浴後は血行が良くなっているので育毛剤を使うときは入浴後が効果的な時間帯といえるでしょう。
それらをおさえることで、今までよりもより良い頭皮環境を作ることが可能になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

現代人は忙しい人が多く、シャワーだけの方もいるかもしれません。
けれど、「心と体の健康にとって」という意味で、また「頭皮に関する健康にとって良いことは」と考えると、お湯を張ってゆっくりと入浴するということが
やはり「良い事」になります。
この「いい事」とはどんなことでしょうか、その時の注意点はなんでしょうか?

@湯船に入る入浴の効果
湯船を張って入浴する、ということは、、新陳代謝を高めることになります。
さらに心臓の次に大きな血液のポンプ作用のある脚に水圧がかかることが、大きな意味合いを持っているのです。
本来もっているそのポンプ作用を発揮できる上、水圧という外からの適度な刺激がかかることで更なる手助けをし、血液循環をより行いやすくするのです。
血行の促進、さらに発汗作用によって老廃物を汗とともに排出できる、ということになります。

老廃物が排出されれば、その血液はきれいなものです。
脚のポンプ作用によって毛根に通じている毛細血管までしっかりと血をめぐらせることができるようになります。
十分な血がめぐれば、それに伴って栄養もしっかり受け取ることができるようになる。
それこそ育毛に効果があるといえるでしょう。

Aお湯の温度
入浴の温度は、38度のちょっとぬるめのお湯です。
入浴で40度ですと、たとえ短時間であっても、血圧が上がり、心臓への負担が大きく、体変負担は大きいのです。
できるだけ避けた方がいいでしょう。
さらに、交感神経が副交感神経よりも優位になってしまうのです。
交感神経は、ストレス、緊張などを感じたときに優位になる神経です。
基本的に昼間人が活動している間優位になっている神経です。
つまりストレスがかかったままになります。
それは抜け毛の原因のひとつとなります。

逆に副交感神経と呼ばれるのは、交感神経と逆の神経です。
主にリラックスしている時に優位に立つ神経です。
ポイントはぬるめのお湯です。
ぬるめのお湯は副交感神経が優位に立ち、リラックスすることができるのです。
昼間活動しっぱなしの交感神経をOFFにするこができます
入浴時間は20〜30分で、半身浴(胸から下の部分)が目安です。
ゆっくりとのんびりした気持ちで入浴することでリラックス効果をさらに高めることができます。

B入浴時間帯について
朝、のんびりとお湯につかる時間なんか取れないでしょう。
つまり夜がいいでしょう。
食後や飲酒直後を避け、さらに、夜の22〜2時までが、毛髪の成長する成分がもっとも分泌される時間となっていますので、それまでに老廃物を排出し、
より効果的にした方がいいでしょう。

また育毛効果があると言われているイソフラボンhttp://xn--eck7bvd2a5dzct376aa6329blb3c.com/good.htmlも是非注目してください。

こちらの、育毛シャンプーの使い方についての解説ページも、大変参考になりますので、是非ご覧ください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 頭が寂しくなってきました・・・ All Rights Reserved.