Sample Image

正しい髪の洗い方

「正しい髪の洗い方」

ここでは「正しい髪の洗い方」とお伝えします。
今まで自分が行ってきた洗い方と、どのくらい違うでしょうか?
正しい洗い方をすることは、薄毛などで悩んでいる方や、それ以外の方にも、大切な事です。

「育毛シャンプーや育毛剤」を使用する時に一番と言っていいほどの重要なことは、「髪の洗い方」です。
ここでポイントなのは、「髪を洗う」というよりも「頭皮を洗う」ということです。
頭皮を清潔にし、血流をよくすることで、毛根や毛母細胞にきちんと栄養が行き渡り、それによって頭皮という土台が出来上がります。
お気づきでしょうか、上記のように栄養がいきわたるということは、抜け毛や薄毛の対策と予防になるのです。
そう聞いたら、当然そのように洗いたくなってきたのではないでしょうか?

では実際にどのような点を気をつけて洗っていけばいいのでしょうか?
まず前段階として、準備しなくてはいけないもの。
それはシャンプーです。
シャンプーはアミノ酸系のもの、または天然成分のものがいいです。

そして、当然のような基本的なことですが、洗う前にはブラッシングをしましょう。
そのことにより、汚れを浮き上がらせ、髪の毛のもつれを解いておきます。
頭皮に関して、血行を良くしようとして強くブラシを頭皮に当てないことです。
傷をつける原因になります。
やさしくブラッシングをしてください。

@お湯で予洗いをする
シャンプーをする前にお湯で予洗いをしましょう。
汚れの70%はこの予洗いで落とすことができます。
その際の注意点としては、爪を立てて洗わないことです。
指の腹で洗ってください。
時間の目安は2〜3分ほどです。
このあとで使用するシャンプー量が、少なくてすむようになります。

お湯の温度は38度前後を目安にしましょう。
40度以上ですと頭皮の乾燥につながります。
Aシャンプーで洗う
まず初めに、気をつけていただきたいのは、(特に女性に多いのですが)下を向いたままシャンプーするのはやめましょう。
下を向くことで逆毛になり、キューティクルを痛める原因になります。
上を向いてシャンプーをしてください。
シャンプーをまず手に取り、髪の毛に付けて揉むように洗ってください。
そうすることで泡が立ちますので、十分泡が立ってから頭皮を洗うようにしましょう。
その時も爪を立てずに、指の腹で揉み洗いをします。
そうすることで頭皮に傷をつけずに、洗うことができます。
絶対に爪を立ててごしごし洗うのはやめましょう。
フケやかゆみの原因になります。

Bすすぐ
最後のすすぎです。
十分すぎるほど流してください。
シャンプー剤が残っていてはすべて水の泡です。
ここでは最低3分以上を目安に流してください。
そうすることでしっかりと洗い流せます。

Cリンスをつける
リンスは頭皮につけないようにしてください。
毛穴がふさがってしまうことがあります。
髪の毛だけにつけてください。(コンディショナー、トリートメントも同様です)

Dすすぐ
3と同様にすすぎます。

E乾かす
まずはタオルドライします。
しっかりと水分を取りましょう。
ただしゴシゴシするのはやめましょう。
キューティクルを痛める原因です。
タオルではさむようなイメージです。

ある程度水分が取れたら、ドライヤーで根元から毛先に向かって、髪から離してかけていきます。
温度は低く、風量は弱で乾かしていきます(髪の毛が蒸れたままなのも、また抜け毛の原因です)。
7〜8割乾いたら、自然乾燥をしましょう。

こちらのサイトに 正しい育毛シャンプーの使い方について詳しく解説されています。是非参考になさってみてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 頭が寂しくなってきました・・・ All Rights Reserved.