Sample Image

抜け毛ってどうにかならないの?

「抜け毛ってどうにかならないの?」

抜け毛予防はいくつか方法があります。
ここでは予防方法を簡単に説明させていただいています。
ぜひ普段の抜け毛予防の知識のひとつとして、参考にしていただければと思います。

シャンプーをしたあとや、ブラッシングをした時、驚くほど抜け毛が・・・そんな時思いますよね?
「抜け毛ってどうにかならないものですかね」と。
標準の人でも50〜100本ほどは抜けます。
完全になくすことはまず無理です。
ただし、その抜け毛が異常なものであるかを確認し、抜け毛を減らすことはできます。

まず異常かどうかの確認ですが、抜け毛が進行中の部分を軽く引っ張ってみて、どんな毛があるのか観察してみてください。
もし毛根が丸くなっているのであれば、本来あるべき寿命を迎えている髪の毛ですので安心してください。
けれど、中に短くて細い毛はありませんでしたか?
もしくは、毛根の部分が細くなっていませんか?
それらは通常よりも短命で終わってしまった毛であったり、本来の寿命前に抜けてしまった毛になりますので、これらが多ければ、当然本来のヘアサイクルが狂っているということです。
放っておけば当然恐れてる事態になりかねません。

その前に予防法をいくつかお伝えしましょう。
@まずは血行を良くする為に、頭皮マッサージをしましょう。
血流が悪くなれば毛根への栄養が十分にいきわたらなくなります。
そうすれば栄養不足になってしまい、抜け毛を誘発することになってしまいます。
頭皮マッサージはシャンプーと一緒にはしないでくださいね、頭皮を傷つけることが多いので、シャンプーを行う前に指の平を使って頭皮マッサージをしてください。

A質の良い睡眠を
睡眠不足は肌の大敵。頭皮も肌の一部ですから同じことが言えます。
もっとも大切な時間は22時から2時くらいの間です。
その間に体を休めるようにすることが、体全体の体調を整えるとともに、抜け毛対策にも必要です。
睡眠時間は人によりさまざまですが6時間〜8時間ほどを目安にするのが良いでしょう。
睡眠を質の良いものにするには、部屋を暗くすること、室温20度、湿度50%が快眠できる環境になります。

B正しいブラッシング
ブラッシングもきちんと行えば、抜け毛対策になります。
ブラシはいのししの毛などで作られたヘアブラシ、頭皮を痛めないために先端のとがっていないもの、髪の毛の絡みにくいブラシの目が粗いものを選びましょう。
あくまでも髪や頭皮に優しいもの。
そして何より大切なのはやさしくブラッシングをすることです。
シャンプーの前に汚れを浮かせる意味でやるのが良いでしょう。

C正しいシャンプー、髪の洗い方で
これは別の項で細かく伝えていますが、まずお湯で丁寧に洗い、シャンプーで頭皮と髪を洗う。
一番気をつけることは、シャンプーなどを丁寧すぎるほど、きれいに洗い流すことです。
すすぎがもっとも大切です。

Dドライヤーのかけ方
髪は高熱に弱い為、ドライヤーをかける前にタオルドライ、ドライヤーを使用する時は、髪に近づけすぎないこと、温度設定は低で、風量は弱にすること。
それを頭皮を乾かすように根元から毛先へ向かってかけること。
そして7〜8割乾いたら、ドライヤーはやめることです。
残りは自然乾燥にしましょう

E紫外線にも注意
頭皮も肌の一部です。
露出している肌へは日焼け対策を過剰にしているのに、髪や頭皮は?
もちろん紫外線で痛むものなので、帽子などをかぶるようにしましょう。
もちろん通気性は良くしないと、蒸れて抜け毛の原因にもなってしまいます。

バランスのよい食事、規則正しい生活は、抜け毛予防にもなります。
こちらのサイトに 最新の育毛シャンプーについて詳しく解説されています。是非ご覧ください。

サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 頭が寂しくなってきました・・・ All Rights Reserved.