Sample Image

育毛と発毛の違いとは

「育毛と発毛の違いとは」

「育毛と発毛の違い」と言われて、はっきりと言える方もあまりいないかもしれません。
今後何らかの手段で薄毛や脱毛対策をしたい方は、ここで違いをお伝えしているので、参考にしていただければと思います。

薄毛、脱毛対策でもっとも聞いたことのある言葉で、「育毛と発毛」というのがあると思います。
「育毛と発毛って何が違うの?」と思いませんか?
字でなんとなく想像はつくし、なんとなく違いがありそう。
そう思われたとしても、違いをしっかり言えるほど知らなかったりしないでしょうか?
基本的なことにはなるかと思いますが、だからこそ大切なことになります。
ここではその違いをはっきりとしていきたいと思います。

育毛とは?
育毛というのは、今ある髪をしっかりと育てていくことです。
育毛剤であれば、脱毛を予防したり、フケやかゆみをおさえ、丈夫な髪を育てることになります。
そして、頭皮環境を整えることになるため、薄毛部分からの発毛も期待することができます。
頭皮ケアのための育毛シャンプーといえるでしょう。

発毛とは?
発毛は、その名のとおり発毛です。
さまざまな原因により脱毛状態になってしまった状態から、髪の毛を増やすこと。
それが発毛と呼ばれるものです。
発毛剤であれば、毛髪の司令塔でもある毛母細胞の働きを活性化させ、休止期にある毛根から、再び発毛をさせるものとなります。

またこれらとわずかにかかわりあるものとして、「養毛剤」と呼ばれるものがあります。
これは、髪の毛や頭皮に栄養をいきわたらせることによって、髪の健康を維持することが目的になっています。
髪の毛や頭皮に適度な油分と水分を与えることにより、髪のダメージ(外部からのもの)から保護する役割や、痛みを修復する効果があります。

つまり育毛と発毛は髪や頭皮に与える作用が異なるものになります。
もし養毛剤も含めて、育毛剤や発毛剤を使用する場合には、上記の事を知っておくことで、自分が必要としているものが何かということが分かるかと思います。
自分の現在の状況に合わせて使用することが必要になってきます。
不安であれば、病院などでも診断をし、薬を出してもらうこともできます。
ただし、保険が利かないため実費になるということだけ、ここでお伝えさせていただきたいと思います。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 頭が寂しくなってきました・・・ All Rights Reserved.