Sample Image

どうして髪が薄くなるの?

「どうして髪が薄くなるの?」

「どうして髪が薄くなるのか?」薄毛で悩んでいる人も、予防したいと思っている方も、気になる事柄でしょう。
その最大の原因を4つにまとめました。
まず、その原因を知ることで、薄毛対策の第一歩となると思います。

なぜ髪が薄くなってしまうの?
そんな疑問は当然起こることでしょう。
大きく分けて4つの原因があると言われています。
男性でしたら「ストレス」「男性ホルモン」「遺伝」「食事」の4つと考えられています。
女性では「加齢によるもの」「ホルモンバランス」「ストレス」の3つが大きな要因ですが、これらの原因が重なって薄毛となってしまうこともあるようです。
女性の場合は、病院での検査によって原因究明をすることが、良いでしょう。

話は戻って、男性の薄毛、脱毛の原因を詳しく見てみましょう。
@ストレス 
これは心と体のバランスを崩す大きな原因といってもいいでしょう。
それはもちろん薄毛や脱毛にも同じく悪影響を与えてしまいます。
ストレスによって自律神経、ホルモンのバランスを崩してしまい、血流が悪くなることで、結果、栄養を毛根が受け取れなくなってしまう、ということになります。

A男性ホルモン
男性ホルモンのうち、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンは髭や体毛などの成長を促しますが、反対に頭髪にとっては毛母細胞と呼ばれる髪の司令塔とも呼べる場所で、
ジヒドロテストステロンと呼ばれるものに変換され、毛母細胞を萎縮させてしまう働きがあります。
それにより毛母細胞は角化し始めてしまい、毛髪は休止期に入り、約三ヶ月ほどで抜けてしまいます。
やがて毛周期が短くなっていき、結果薄毛、脱毛となってしまうのです。
男性ホルモンを抑制するには女性ホルモンを摂る必要があります。
女性ホルモンに似た働きがイソフラボンという成分にあるそうなので
イソフラボンを含んだ大豆製品を食べることによって効果があるかもしれません。


B遺伝
これはどうしようもないことかもしれませんが、遺伝子の力は大きく影響しています。
遺伝が原因の場合、受容体(男性ホルモンを受けとる場所)の遺伝子を調べることで、どのくらい男性ホルモンの影響を受けるのか受けやすい体質なのか否かを確認し、
それを元に各個人にあった治療方法を相談していくこともできます。

C食事
ある意味では最も気をつけなくてはならない事柄です。
そして一番意識的に行うことができることです。
髪の毛はたんぱく質が主成分となっています。
動物性たんぱく質の取りすぎは、血液の質の低下、その循環の低下をさせるなど、脱毛をさらに促進させてしまいます。
さらに髪の毛の生成に必要とされるのが、ビタミンやミネラルになります。
意識的に取らなければ不足がちになりますので、注意が必要になります。
また不規則な生活も良くありません。

上記以外では、ヘアカラーも当然髪への影響は大きいのです。
(浸透力の高い薬剤を使っている為、毛母細胞などにまで浸透し、脱色剤などは細胞まで壊してしまうほどです。)
不衛生な髪も細菌の住処にしてしまいますし、かといってシャンプーを使用して頭皮をきれいにしたとしても、きちんとシャンプーが流れていなければ、意味がありません。
シャンプーはしっかりと綺麗にすすぎ落とすことが何よりも重要になります。

生活習慣の改善と育毛シャンプーで抜け毛を予防しましょう。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 頭が寂しくなってきました・・・ All Rights Reserved.